6月24日 ICPC国内予選に参加しました

ACM(コンピュータ科学分野の国際学会)が主催するICPC(大学対抗プログラミングコンテスト)に参加しました。[1]

ICPCは1チーム3人で、与えられる課題を解くプログラム書き、正しい結果を得られた正解数を競い合うコンテストです。

日本国内予選は各大学でインターネット上で行われ、384チームが参加しました。

信州大学からは3チームが参加し、9人中7人がkstmのメンバーでした。(順位表)

惜しくも本戦出場することはできませんでしたが、来年のICPCに向けて力を蓄えたいと思います。

 

[1] AMC-ICPC 2016 Asia Tsukuba Regional | 国際大学対抗プログラミングコンテスト2016アジア地区つくば大会

http://icpc.iisf.or.jp/2016-tsukuba/?lang=ja

2016年6月24日

Posted In: 競技プログラミング

6月19日 こどもプログラミング教室 第1回 (売木村)

6月19日(日)に長野県売木村にて子ども向けのプログラミング教室を行いました。
私たちkstmはTAとして2人に1人kstmの学生が付いて小中学生の疑問に答えました。

売木村は南信に位置する人口587人(平成28年5月末現在)[1]の小さな村です。

 

半田づけをして、BASICのプログラムを書くことが出来るIchigoJamというボードを使っています。

初回はIchigoJamを動かすために電子部品の半田付けを行いました。

参加者は初めて触る半田ごてに苦戦しつつも、全員が半田ごての工程を終えることが出来ました。

 

 

今年から信州大学総合情報センター長の不破泰教授主導の下、長野県内の市町村で小中学生に向けたプログラミング教室を行っています。[2]

 

[1] 行政情報-売木村役場
http://www.urugi.jp/g/g.html

[2] 「こどもプログラミング教室」プロジェクト|総合情報センター
https://www.center.shinshu-u.ac.jp/iic_web/kodomoprogram.html

2016年6月19日

Posted In: こどもプログラミング教室